コラーゲンと老化との関係

年齢とともに、まず感じるのは「肌の状態が、変わってきた」ということでは
ないでしょうか。

肌は、とても年齢が出やすい部分。シワが出てきてしまったり、たるみなどが
現れてしまっている方もいるでしょう。

弾力などが失われ、メイクのノリなどが変わってきたと感じている方もいると思います。
では、このコラーゲンと老化の関係について、ご紹介しましょう。

肌がこのような変化(老化現象)をするのは、紫外線、乾燥などによることが
原因と言われています。また、年齢とともに、人の血管壁などは徐々に
固くなってしまいます。

そのため、年齢を重ねれば重ねるほど、動脈硬化や高血圧などの
病気の心配が出てきてしまいます。

骨なども、年齢を重ねることで、骨の内部がスカスカの状態となってしまう
こともあります。状態が悪い場合には、骨粗鬆所などとなってしまう
こともあるでしょう。

関節などに、痛みを感じる方も多くなります。
こういった現象は、コラーゲンの減少も大きく関係しています。

そのため、意識的にコラーゲンを摂取していく必要があります。
例えば、最近ではシワなどを目立たなくさせるために、コラーゲンなどを
注射する方法がありますが、注射をすることで、注入されたコラーゲンは
ゆるやかに分解吸収され、更に、再注入することで、より効果を持続させることが出来ます。
このように、私達は年齢を重ねる毎に、コラーゲンは減少してしまい、
様々なトラブルを引き起こしてしまうことになります。

思い当たることがある方は、コラーゲンを積極的に取入れて、
老化防止につとめていきましょう。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ