コラーゲンを食品から摂取するには

健康のために、美容のために、
「コラーゲンを、積極的に取入れている」という
みなさんも多いと思います。

そのためにサプリメントなどを取り入れている方もいると思いますが、
コラーゲンは食品からも取り入れることが出来ますよ。

では、食品でのコラーゲンの効果について、ご紹介しましょう。
私達の体の中では、たんぱく質は壊され、作られの繰り返しを行っています。

不要となってしまったたんぱく質は、アミノ酸を分解してしまいます。
そして、そのアミノ酸は、新しいたんぱく質により作られることになります。

こうして、コラーゲンは作られては排出されるの繰り返しを
行っていることになります。

ということは、新しいコラーゲンを作り出すためには、
しっかりと補っていく必要があるということ。

コラーゲンをより、効率的に摂取するためには、出来るだけ良質のたんぱく質
を選ぶことが必要となります。

コラーゲンは、どういった食品に含まれているかというと、
コラーゲンは元々動物性のたんぱく質。

そのため、動物や魚類などの骨や軟骨、スジ、皮などに多く含まれています。
コラーゲンを積極的に摂りたいと考えている方は、食事の際にはこういった
メニューを意識的に取入れる様にしましょう。

しかし、コラーゲンは口からの摂取の際には、吸収率が悪いと言われています。
コラーゲンを体の中で、より効果的に活動させるためには、一緒にビタミンCや
リジン、プロリンなどの摂取が必要となります。

お肉などを食べる際には、一緒にこれらのアミノ酸やビタミンなどが含まれた
食事を心掛けましょう。最近では、コラーゲンの効果を生かすために、
ペプチドコラーゲンというものが注目されています。

より、コラーゲンを摂取したい場合には、こういったペプチドコラーゲンの
サプリメントなどもプラスすると良いかもしれませんね。

そして、一緒に鉄分やビタミンCを取り入れることで、効果を上げていく
ことが出来るのです。

鉄分やビタミンCは、コラーゲンを作り出すために、サポートを行ってくれる成分。
そのため、一緒に摂取することで、相乗効果によりお互いの効果を得やすくなります。

「最近、髪の毛がパサパサしている」という方、「爪の色が悪い」と
感じている方は、コラーゲンが不足している可能性があります。

普段の食事、更にサプリメントなども取り入れることで、より効果的に
コラーゲンを摂取しやすくなりますので、これらのトラブルを抱えている方は、
ぜひ普段の食事などを見直してみて下さいね。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ