真皮とは|潤いを保つヒアルロン酸の倉庫

毎日の様に、スキンケアに力を入れている方も多いと思います。

化粧品などにこだわっている方もいれば、スキンケアグッズなどを活用して、日々美肌のケアを行っている方も多いでしょう。

肌の状態によっては、実年齢よりも老けて見られることもあれば、若く見られることもあります。

多くの方が、「いつまでも若々しくいたい」と考えていると思いますから、やはり手間をかけてケアをしていくことは、大切といえるでしょう。スキンケアを行っていくためには、まずは肌の構造などの知識があることも大切。肌の構造も理解していれば、普段のケアにも役立てることが出来ます。

近年化粧品の技術も飛躍的に向上し、肌の細部にまで効果を及ぼすものが多数開発されています。その中で「真皮」とう言葉も多用され始めました。

すでにこの名前をご存知の方がほとんどだと思いますが、ここ5年ほど前にはあまり知られていなかったと思います。それだけ美容技術のスピードは加速しているのでしょう。

肌の真皮について、ご紹介しましょう。真皮の部分は、普段は目に見える部分ではありません。しかし、この真皮では様々な役割を担っています。

真皮部分は、網の目状の繊維状態となっています。実は、この部分にヒアルロン酸が存在していることになります。

このヒアルロン酸によって、肌の潤いを保ったり、ハリなどを保って行くことになります。

元々は、ヒアルロン酸は自分の真皮の部分にヒアルロン酸が存在していますが、加齢や間違ったケア方法、乾燥などにより減少していきます。そのため、意識的に取入れていく必要があります。

また、肌にとって必要な栄養分を届けてくれたり、老廃物を排出するなどの役割があるのです。

このように、真皮は肌の潤いなどを保っているという役割があります。
不足しがちなヒアルロン酸は、この部分にまで届ける様にケアをしていく必要があります。

お役に立ちましたでしょうか?
 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ