表皮の構造と役割|細菌やホコリから肌を守る

「いつまでも、肌を若々しく保ちたい」と考えている方が多いと思います。

そのために、毎日スキンケアに励んでいる方も、多いのではないでしょうか。

毎日のケアは、数年後の肌に現れてくることになりますから、「まだ、若いから大丈夫」ではなく、早めのケアが必要となります。

スキンケアを行う際には、コラーゲンが配合されている化粧水やクリームなどを使っている方も多いと思いますが、正しいスキンケアを行っていくためには、肌の構造など知っておくことで、より正しいケアを行うことが出来ます。

では、肌の表皮の構造について、ご紹介しましょう。表皮は、私たちが目にしている皮膚の部分。表皮には、どういった役割があるかというと、肌が蒸発をしない様に防止を行っています。

また、肌のターンオーバーを行っている場所でもあります。肌を綺麗に保つためには、ターンオーバーをしっかりと行えることが基本となりますから、とても大切な部分といえるでしょう。

もちろん、目に見える部分でもありますから、肌の状態がすぐに分かりやすい部分でもあります。

毎日、しっかりとケアをしていくことで、見た目も綺麗な肌を作り出すことが出来ます。その他、表皮は、外部刺激からも守ってくれる働きがあります。例えば、細菌から守ってくれたり、ほこりやダニなどからも守ってくれています。

このように、肌は表皮の構造があるからこそ、健康的に過ごすことが出来るということになります。一番、目につく皮膚でもありますから、しっかりとケアをしていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ